5分で読めるあかりストーリー♪

「本質を、新たな視点を届ける」
「視界を切り開く、拓く人」として

アートワークとコーチングを用いて、
から破りやパラダイムシフトを起こす
きっかけやセッションをお届けしています。

右脳、直感、ひらめき、
インスピレーション、感性や感覚が
開花して、自分のその感性感覚を
大切にしながら、今を楽しみ、
生きていけたらいいですよね。

パッと開ける。視界が広がる。
枠が外れることで人生の選択肢が
増えていく。その過程を経て、
自分を信じられる力(自己信頼)を
高めていくことが出来たら。

どんな時も、
自分を知り、何をなくしても、
何を持っていなくても
自分を信じられている状態だったら、
最強ではないでしょうか♪

「自分を知る」
「自分を信じられる自分になる」
「自分のなりたい自分になっていく」

私は、今でこそ、
よく言われる「自分のど真ん中とつながる」
「メッセージを受け取れる」が
自然に出来るようになり、

ライフ&アートコーチングや、
ワークショップに
ご参加くださるクライアントさんから
喜びのお声をいただけるまでになりましたが

約1年前までは、  16年勤めた都内の
会社の一社員でした。

今思えば、
心のなかで、モヤモヤし続けていた
後半10年。(ええ、わりと長めですw)

というのも
今から約3年前、

私は39歳、1児の母。
都内で新卒より勤めている企業で13年目。
絶賛、今後のキャリアについて
悩んでいました。

女性の生き方、
生きていく上での自分の軸、
大切にしたいこと。

いろんな要素が複雑に絡んで、
うまく因数分解することができず
また、己を知るということの難しさを、
痛感していました。

20代のキャリア&人生

その方の「人生の選択地点に携わる」
というコンセプトに惹かれ
新卒で、大手人材広告会社に入社し、
編集職に配属されたものの、

様々な要因(まあストレスw)で3年後、
心身を壊し、強制終了となり。

それでも、仕事が好きで
4ヶ月後復職し、仕事を続けていきました。

30代でのスキルアップとモヤモヤ感

アラサーになり、
同期の結婚や転職、退職の分岐が始まり、
自身のキャリアやスキルについても、
少しでも高めたいと感じて

デジタルハリウッド
(クリエイター系のスクール)で、
WEBデザインについて
約半年ほど勉強したりしました。

デザインや色など、学んでいて
楽しかったこともあり、仲間にも恵まれ、
大人になってから、会社以外の世界や
交流を知った最初の経験でした。

そんな刺激もあってか、
ところどころで転職意欲は沸くものの、
その仕事が嫌いなわけでもなく、
結局安定を捨てきれず、これを
やっていくんだ!という強い思いも湧かず、

辞めるに至らず、
かといって、

長い間、自身の強みを生かした
キャリア形成が出来て
いないのではないか?と、
モヤモヤした気持ちは続いていきました。

毎日はなんとなく忙しいし、
それなりにやることもある。

強みやスキルが積みあがっている
感じはないが、それなりの給料も
もらえていました。

結婚して子供が生まれる

33歳で結婚、その後娘が生まれる。
可愛い娘は同性であることもあり、
今後のキャリアについて本気で
何とかしなければならない、

娘に生き生きと仕事をしている
背中を見せたい、という思いに
火がつきました。
(お尻に火がついたとも言うw)

娘が大きくなって、
仕事って楽しい?と聞かれた時に、
やりがいと楽しさが、

大変な中にも確かにあることを
自分の言葉で伝えられるように
なりたいと強く思うように
なっていきました。

特に、産休育休を終えて復職し、
時短をとりながら働いていたその数年は、
自分の真の願いを問われ続ける
モヤモヤマックスの時でした。

現実的な共働き、体力面での限界と、
世間とのバランスをとりがちで、
自分が心から望んでいる未来を
全力で取りに行っていない自分が嫌でした。
(待遇としてはとても
恵まれていた環境だったと思います)

娘に背中で
「人生は楽しいよ。好きな事
情熱あることをして、
挑戦することを忘れないで」と

伝えられる大人で在りたいと思ったし、
娘が壁にぶち当たったとき、

私の出来る範囲でアンサー出来る
自分になっていたかった。

、、、というのはきれいごとかも。

過去の私と同じ悩みを娘も
将来経験するのではないか。

世の正解に自分を合わせたり、
自分を犠牲にして期待に応えることを
優先させたり、思い込みに縛られて、
身動きがとれなくなったり、
人が怖くなったり。

同性の娘にそこを突き付けられた時、
答えられる自分でいたいと強く思いました。

そのためには、まず過去の私を救う事!
人生で自分を表現する事!
自己表現の重要さ♪

自分の夢ど真ん中に挑戦したいという情熱、
娘に同じ思いはさせたくないという恐怖?w

これらのないまぜになった思いを
エンジンに、自分探しを
スタートさせました。

アートとの出会い

現状にモヤモヤがあり、今ここが
正解ではない感はあったものの、
では何をする?何をしたい?は
すぐは見つかりませんでした。

セミナーや単発の講座などを
受けては自分を深掘りしていく
作業を半年ほど。

そして、今ここまで私を
連れてきてくれたもの。


それは「アート(銅版画制作)
との出会いです♡

様々なことにアンテナを
はり始めた2020年に、
突如銅版画制作を始めて、

2週間に1回3時間
没頭時間と自分時間を
確保していく流れに。

まだ会社員だったため、
日曜、娘を夫に預けつつ
そんな習慣を人生に
組み込んでいきました。

そこから、心が満たされ
色々上手く回る体感があり、
会社員の仕事も楽しいと思える
時期も過ごしました。
(基本嫌いじゃなかったからこそ
10年以上も働いていたんだと思います)

アートと関連が少ない業界で
生きてきたけど、
この自分の内面に起こったこと、

アートが人生に与えたインパクトを
伝えたくて、アートを軸に起業しよう!
と思ったのが始まりとなりました。

その後

・和紙はり絵のワークショップや
・和紙カレンダー作成オンライン講座
・感覚開花セッション
・ライフ&アートコーチング(継続)
・ビジネスコンサル(継続)

などを提供してきています。
(和紙を扱うに至るお話もまたどこかで^^)

女性の生き方、
働き方は本当に多種多様ですが、

私の現時点の結論は

「女性として、自分の心に
嘘をつかずに生きる」

ことに行き着きました♪

違和感があれば、それを
無視せず大切にしていく。

違和感を解消した上で、
その願いを人生軸上で
自己表現していくこと。
(私もまだまだ過程です)

極力、ど真ん中が濁らないように
本物の願いを自身で掴み、
表現してほしい。

大切なのは、本当の意味で、
「内側」を作っていく。
自己受容からの自己信頼。
そして自己実現へ。

たくさんの思い込みや
観念を認識し、手放し、
本当の願望に許可を
出していく過程で、

自分を知り、何をなくしても、
何を持っていなくても
自分を信じられている状態へ。

「自分を知る」
「自分を信じられる自分になる」
「自分のなりたい自分になっていく」

自分を輝かせるためには、

「自分を本当の意味で知っていく」
ことが大切です。

あなたは今どこにいますか?

自己受容
→自分を探す、かけらを見つける
自己理解
→自分を知る、価値観を認識する
自己表現
→土台を知った上で、
いかに人生軸場で表現していくか。

「Life is art」

アートはまさに人生そのもの。

時に現状を否定し、
新しい自分に生まれ
変わることも必要です。
(破壊と再生のイメージw)

自分を掻き立てる欲やビジョンの
根っこは、どこからきているのか
それを見つめて掴んでいくことも、
これからの人生の指針になってくれます。

それをまずは、キャンバスや画用紙から
やってみることが可能なのです。

だからこそ、

・既存の社会のレールに疑問を持たない方
・レール(世間体、一般常識、固定観念、一般に
良いとされているもの価値観)
から出られない、出る気のない方
・自分の頭で考えない、ネット検索で
当たり前のように1位のお店に行く
・○○を買うなら●●(ブランドトップ)
を疑いなく買う。
・社会の目の中だけで生きている方は、
自分の人生を表現できていないと

私は感じています。

でも、、、

今まで、散々「自分を知る」に
トライしてきた。自己理解とか、
たくさんワークして、書き出して、
100ウィッシュリストも書いて
言語化して、ひたすら
書き出してみたのに、
あまり変化はなかった。。

そんな方も中には、
いらっしゃるかもしれません。

そこで、

アートワークで絵を描きませんか?
手を動かして、アナログで楽しく♪
結果的に自分を見つけていきませんか?

アートは心(魂)にアクセスできる
とっても良いツールですよ!と
お伝えしたいです^^/

アートや、ライフコーチングを通して、
自分の多面的な一面に触れたり、
価値観に触れて、感じて
枠を出続けていく。視野の外に出ていく。

これがとっても大事なのではないかと
私は思っています♪

映画「GO」東映監督:行定勲 2001年
(画像はお借りしました)


「広い世界を見るのだ」
という言葉が好きです♪

ー例えば書道歴30年の職人以外でも
書道で認められる方法はないのかー

私が小学3年生から6年生の時、
書道がそこそこ上手くて
クラス代表には4年連続でなって
いたのですが、校内全体では金賞を取れなくて、
そこにそういう背景を勝手に
感じ取っていましたw

私は書道は一切習っていなかったので、
その我流を認めない空気感が嫌でした。
(被害妄想!?w)

アイディアだぁ!発想だ!視点だ!
それが道を切り拓く!

そんな考えを無意識の奥底に
持った最初のマイエピソード
かもしれませんw

ーーーー
広い世界を見るのだ。

新しい世界を見続けること。
視野の外に出続ける。
から破り、巨大な殻破り。
ーーーー

外側(社会)へも、
内側(内面)へも。

そんな女性になれたら、母になれたら
とっても自由に生きられるような
気がしませんか?^^

私自身、長女で真面目でわりと
そこそこ優等生で、
いつも、その社会性、レールに
苦しめられてきた印象がありますし、

その仕組みの中でも、
自分の本来の価値観ではなく、
強制的な人間関係に悩んできました。
(そういう側面は誰しもあるかなと思います)

枠、レール、ルール、協調性、固定観念、
全てが私にとってはマイナスに働き、

ただ、社会に漫然と立ちはだかる
考え方として、逃れられないように
感じてきました。

(いじめられたとか、
仲間はずれとかではなく、

長女で優等生的で、先生の意図を
組んで生きてきただけに余計拗らせてますw
それが爆発して、入社3年目で、、、w)

今も、目的は 心から自由になること。

いわゆる上記のような社会性が
要らなくても、社会に居場所や
仕事を見つけられること。

世界が一つになることに貢献できること。
個性で生きていくこと。

好きな漫画の主人公の名台詞

「自分の生き方を貫く」
「自分の力だけで勝負する」
「誰の飼い犬にもならない」
「自分のボスは自分自身」笑 
(ちょっと極論ですがw)

ひょっとしたら、
自分だけなら、自由になれる手段は
今もすでにある方は
いらっしゃるかもしれません。

でも子育ては、なかなかそうはいかない。
教育や地域社会での子育てを
捨て切れるほどの手段やアンサーを
現時点で私は、見出せていないです。

そのためには、私あかりんの世界観で
目の前の方へ価値を提供していき、
シェアしていき、ひいては
世の母ちゃんやそのお子さんに価値
(自由に生きる選択肢としての
視点や感性感覚)を提供していく。

正当なルートで勝ち上がるための
(いわゆる学歴社会とか
資本主義社会とか、男性社会とか)
労力に、全投入するのではなく、

自分に適した、登り方、抜け穴、
盲点をつくことで時間軸を飛び越える
視点はとても大事だと感じています。

視界を切り拓くのは、
アイディアであり、視点。
それが道を切り開く♪

それをアートをしながら
自身で見つけていくことが出来るのです。

そのためには時に内観し
自己対話しつつ、
自分を癒し受容しつつ、
自分を知り、他人を知り、
社会を知っていく必要があります。

その上で、
レールから外れることを怖がらず、
はみでることを怖がらず(怖いですけどね)

自分色の人生を表現してほしい。
あなたらしさを全開にしてほしいと
思っています。

人生の視点を広げるためのアートであり
ライフコーチングを提供していきます。

この仕事を通して、
私も視野の外に出続けたいし、
人生を統合し続けたいし
あなたにもそれを提供していきたいと
思っています。

ーーー
【お客様の声一部抜粋】

●感覚と思考の両方をあやつれる魔法使い
●感覚から言語化していただけるし、仕事が丁寧!
●思考と感覚のパイプ役の表現者。
●言葉にできない思いを感じ取って、言語化してもらえる頭の回転の速さ。
●左脳を酷使して生きてる人の気持ちをわかってくれるところ笑。
●単なるアーティストではなくて、我々(左脳ロジカル派)と
アートの繋ぎ手になってくれるところ。
●話していて心地いい!
●感覚派でもあり、理論派でもあり、そこの塩梅があかりんの魅力だと思う!

ーーー

現在、

●ライフ&アートコーチ
●アーティスト(銅版画、和紙はり絵)

として活動していますが

お届けしているのは、
■「感覚、感性を言語化、
言葉に下ろします♪」

→ハイセンスな感性豊かな、
感覚優位の方へ向けて
ロジカルな面での私の
言語化がお役に立てるかなと。

■「感性の世界への入り口役」として
アートを知らない方、アートが
自分に必要だと感じてない方に対して、
繋ぎ手になって体験してもらう

→アートなんて、と日々忙しく
仕事されている会社員の方、
左脳ロジカルバリバリな方ほど、
喜んでいただけている印象です^_^

あなたは美しいと伝えたい♪
みんなとっても美しいんだよ。と伝えたい。

無料メルマガでは、

・手を動かすことは、視野を切り拓き、
 人生を動かす力がある
・アート(自己表現)をしていくことを
 まず紙の上から、そして人生軸状で
 表現していく時のコツ
・本質を押さえれば、悩みは解決するよ
・抽象度の概念
・体を整える習慣作り
・自己信頼を高めるメカニズム
・本当の願望や、欲の種類と見分け方

などなどお伝えしていきます。

無料メルマガを今すぐ読んでみたい方は、以下からからどうぞ!





■あかりんって?

自分と繋がり、自らの道を拓く
きっかけを届ける
ライフ&アートコーチ&アーティスト
やまだ 明香里

■何を目指してる?

Life is art.
アートすることは、人生そのもの。

自分を癒し、自分を受け入れ、
自分を深く知り、理解し、自分への信頼が
高まっていき、自己の表現が、
自己実現につながっていく。

時に、今までの大切にしていた
価値観を自ら壊し、
生まれ変わることで
新たな世界が広がる。

見える世界が変化する。
殻を破り、大げさに言うと、
死と再生を経て、人生が
ステージが進んでいく。

アートすることは、
人生や生き方そのものだから。


違いはそれを
キャンバス上で表現するか、
人生軸上で表現し、
実現していくか、だけ!

アートを純粋に楽しみたい方も、
人生を大きく進めていきたい方も、
目指すところは、
自己を最高に純度高く表現していくこと♪


そのためには、
深く自分を知り、理解する
ことが欠かせません。

その方の自己受容、自分を知る、
生きたい未来を明確にしていく、
なりたい未来に夢中で進んでいく、
夢を叶えるサポートを

色やエネルギー、
抽象度の概念、
手を動かすことを通して
お手伝いしていきます。


頑張り屋で優しい女性、
痛みを知っている方が
本来のその感性を生かして、
自分らしく生きていける。

自身を深く理解することで
自らとつながり、
自分の道を拓いていける
優しい世界の実現を目指します。


それぞれの
アーティスト魂(らしさ)を引き出し、
現状を打破しながら、
枠の外へ出るサポートをしていきます。

●どんな方に向けて?
・成長意欲のあるけれど、
「このままでいいのかな?」と
なかなか現状の外に出られない、
抜け出せないと感じる
ワーママ(とそのお子さん)へ

「好きな自分ど真ん中」を認識し、
その自分で生きられるサポート。
(親子アートワークショップや、
ワーママへのライフコーチング、セッション)


◆得意なこと

・直感力とインスピレーション
・大局をとらえる力(大局観)
 具体と抽象の両方の視点を持っていること
・包容力(優しさ、癒し)
・アート(感覚、イメージ)と
 言葉(言語化)を右脳と左脳を駆使して操りますw

その他

・夫と5歳の娘の3人暮らし。
・青春はイエモンとスピッツと共に♪

・信じてるもの
「言葉」「アート」「対話」「挑戦」「継続」

・ミッション
ひとりひとり(個人)の人生が進み、
その方起点で、愛の循環を
起こしていける土台作りのサポート
その方のど真ん中を生きるお手伝い

akari’History————————————————————-

1981年東京生まれ、
千葉育ち。夫と娘の3人暮らし。

それまで新卒から
大手人材広告系企業で
会社員を続けてきた私は、

2020年に偶然出会った
アート(銅版画)によって、
長年モヤモヤしていた悩みが
少しずつ解消されていく
ことに気付きました。

その「すごい!」という
体感をきっかけに、
作品を作る楽しさ、
自己表現する楽しさ
深めたくなり

今後の人生をアートを軸に
していきたいと考えるようになりました。

2022年会社員を正式に退職し、
現在は、アートを軸に
フリーランスで活動しています。

無料メルマガ登録はこちら♪